2016年02月15日

なぐり加工

こんにちは、コッシーです★

今までの工事の中でたまに「なぐり調」のフロアを貼る機会があったのですが、僕は物を見たことがあるのでなんとなくこれがなぐり調っていうイメージはあるのですが、実際どのように定義づけられているのか調べてみました!

名栗(なぐり)とは、角材や板に「突き鑿」や「ちょうな」、「与岐」などで独特の削り痕を残す日本古来からの加工技術の事を指すそうで、名栗と言う名前の由来は天保年間、丹波の杣(そま)職人(きこり)が六角の柱に施された栗材に削った柄が格好良いとされ、ロゴ合わせもあって呼ばれるようになった説があるそうです❗️

なぐりの加工の仕方も道具によって様々あるみたいです☆

下記のサイトに詳しく掲載してあります⇩



posted by 佐野建築士 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック